爪噛みで小さくなった爪を育てる方法【新陳代謝】

爪噛みが原因で、手を隠したくなる…という方も多いと思います。
そこで、基礎代謝と爪の関係について説明させていただきます。


爪が生える為に必要になるのが「新陳代謝」です。
代謝をよくすると、爪が早く伸びます。
基礎代謝と混合されがちですが、超簡単に言うと…

【基礎代謝】
生きるために必要な、最低限のエネルギーの量のこと。

【新陳代謝】
古い細胞と新しい細胞が、入れ替わる現象のこと。



この新陳代謝が低下すると血流が悪くなり、爪や髪に栄養が届きにくくなります。
その結果、成長が促進されず、伸びる速さが遅くなることに繋がるのです。
爪は1日0.1㎜程度伸びると言われています。
※年齢にもよりますが、爪のターンオーバーは3か月〜4か月と言われています。

そして、この成長に必要なのが基礎代謝のエネルギーです。
新陳代謝をよくするには、基礎代謝を上げることが大切になってくるというわけです。
では、基礎代謝はどのようにしてあがるのでしょうか。


①筋トレをする
筋肉量を増やすことで基礎代謝が上がります。スクワットや腕立て伏せなどの
自宅で気軽に出来る筋トレを取り入れてみてください。

②ストレッチを取り入れる
ストレッチを行うと、自律神経を整え、基礎代謝を向上させてくれます。
ストレッチを行いましょう

③有酸素運動をする
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は脂肪燃焼効果があり、基礎代謝を高めます。
また、ラジオ体操も有酸素運動にはいりますので、体力に自信が無い方はラジオ体操でも
OKです。

③水分をしっかりと摂る
積極的に水分を摂るようにしましょう。朝一番の飲料は水よりも白湯がおすすめです。
また、白湯は体も温めてくれるので、一石二鳥です。

④体を温める食事をとる
体温が1℃上がれば、代謝が約12%上がるといわれています。
積極的にショウガやにんじん、かぼちゃなど体を温める食材を摂取しましょう。


⑤腸内環境を整える
善玉菌を含む発酵食品や食物繊維を摂り、腸内環境を整えましょう。
「腸内環境を整える」と、腸の中の善玉菌を増やし、腸の働きを活発な状態にすること。
腸内環境を整えることで、食事のエネルギーをしっかり身体に取り込み、
効率的に消費することにつながります。
基礎代謝アップには、腸の中でも、小腸の環境を整えることが重要になります。
腸が活発なら栄養素を効率よく吸収して、エネルギーを身体の隅々にまで届けられるでしょう。
エネルギーを全身に運ぶことで、血液の循環も良くなり、体温も上がります。
エネルギーが行き渡った内臓は、働きも活発になり、基礎代謝もアップするのです。
つまり、腸内環境を整えることは、基礎代謝を上げることにつながるのです。


このように、基礎代謝を上げることで、
血液の循環が良くなり、ホルモンの分泌も活発になり、皮膚が盛んに皮脂を分泌してくれるようになります。
気軽にはじめられる事からはじめてみましょう。
※運動をする場合、汗から亜鉛が失われていくので、亜鉛の摂取も忘れずに!



ぜひ参考にしてみてください。
ブログに戻る